自分好みにアレンジ可能なレジンアクセサリー作り

一見難しそうなレジンアクセサリー作りですが、やってみると意外と簡単です。

初心者向けの作成キッドもあるので、誰でも作ることができるんです。

シリコーン製の型にUVレジン液を流し込み、ビーズやドライフラワーなどのパーツや、ラメパウダーを入れて、専用のランプや太陽光で固めるだけです。

シリコーン型には、平面のものや立体的なものまで様々な形があります。

また、レジン液も透明なものだけでなく、色付きのものがあるので、様々なレジンパーツを作ることができます。

ストラップやペンダント、イヤリングやピアスなどの様々なモチーフとして使えるので、オリジナルのアクセサリーがたくさんつくれます。

自分用だけでなく、誰かへのプレゼントにもできます。

わたしは手芸屋さんで、レジンアクセサリーキッドを見つけて、作ってみたいと思い、つい買ってしまいました。

あまり手先は器用ではないのですが、初心者向けの作成キッドから始めました。

そして、段々スキルを身につけていくうちに、楽しくなっていって、気が付けばハマっていました。

作ったアクセサリーをプレゼントして、喜んでもらえるとわたしも嬉しくなります。

母にはケータイストラップ、職場の先輩にイヤホンジャック、そして2匹の飼い猫の首輪にオリジナルのネームプレートを作りました。

使ってくれているのを見ると、もっともっと作りたくなってきます。

何か趣味を持つことは、気分転換になります。

今では、ふわりサプリもあって、暇を見つけてはアクセサリーを作っています。